就業不能時も準備したい!そんなあなたに4つのポイント

前回は収入保障保険と所得補償保険(就業不能保険)の違いについて簡単に紹介をしました。

今回はその中でもお伝えした『収入保障保険に特約を付けることで、所得補償保険には及ばないまでも病気での収入減に対応できる』その内容についてお伝えしていきたいと思います。

★前回の記事はコチラ⇒『収入?所得?間違えやすい2つを比較』

収入保障保険の特約で準備する、キホン

ここは前回のおさらいになりますが、収入保障保険の特約で準備する場合だと、さすがに全ての病気やケガで仕事ができなくなった時に支払われる…という訳にはいきません。

収入保障保険で準備することができるのは、所定の病気で就業不能状態になった場合となっていて、条件を満たす事ができれば生活を援助するための年金が受け取れます。

収入保障保険ならどれでもOK?

こういった特約はすべての収入保障保険についている・・・というわけではなく、保険会社・保険商品によって当然特約のラインナップは違います。

なので、所定の病気での就業不能状態に対しても特約で準備したいな・・・と考えている場合は、まずしっかりこの特約が付いている保険商品を探しましょう!

当たり前ですけど、意外と大事なところです。

特約はどれでも一緒?

特約が選べるかどうか調べた結果、付加できる商品があった場合はその条件・内容を要チェック!

保険会社によって内容は違うので、検討時にはしっかり確認・比較する事が大事になってきます。

せっかくですから、使い勝手・要望に沿うか・予算に合うか等、しっかり選びたい所・・・

要望に合うか合わないかは結局ご自身での判断にはなりますが、参考までに私が思う比較ポイントに関して次からご紹介させて頂きます!

比較するポイント4点

では、どこを比較検討すればいいのか…というと、個人的に見ていただきたいポイントはコチラ。

①対象になる“就業不能状態の理由”
②対象となる“条件”
③保障される“期間”
④保障される“額”

このポイントについて、一つずつ紹介していきます。

①対象になる“就業不能状態の理由”

保険商品によって、どういった理由で就業不能状態になった時に保障されるのか・・・というのは変わってきます。比較的多そうだな、というのは下記3つの病気の様子。

・がん(悪性新生物)
・急性心筋梗塞
・脳卒中

冒頭に書いたように、何の病気でもケガでも、仕事ができなくなったら保障されるわけではないので注意をしましょう。また病名も指定されているので、心臓の病気だから…脳の病気だから…とすべてが対象になるわけではありませんので要注意。詳細は保険会社によって変わってきます。

※あくまで見たところ比較的対象になっている病気のラインナップであり、すべての収入保障保険の特約がこの病気の範囲というわけではないので、目星をつけている保険があるならその商品のパンフレットを確認してみましょう。

②対象となる“条件”

次に見ていただきたい点としては、対象となる“就業不能の理由”同じだったとしても、支払われる条件は違う場合があるところ。

対象となる病名が同じでも、その病気で○日以上労働の制限を必要とした場合、という日数の条件が違ったり、所定の手術を受けることが条件になっていたり等、ここは個性が出てきます。

当然ですが、条件になっている日数が少ない方が受け取れる可能性でいえば高くなるでしょうし、逆に手術が条件になっていれば入院日数関係なく受け取れる可能性も出てくるので判断が分かれてきます。

ここはぜひとも読みとばさず、しっかり確認をしましょう。

③保障される“期間”

保障される期間も、商品によって異なります。それぞれの違いは自分にとって求めているものになっているのかが大事。

保障される期間が短ければその期間しか受け取れないというのはありますが特約の保険料はその分抑えられます。逆に、保障される期間が長ければその分安心にもつながりますが特約の保険料は高くなります。

どちらを選ぶべきか、というのは自分の目的を明確にすることが大事です。

④受け取れる“額”

これもしっかり注意してみておきましょう!年金月額と同一の保障額なのか、別に設定できるかなどの違いがあります。

実際仕事ができない場合にはどのくらい準備したらいいのか…という所を考えて、同じ額がいいのか別の額にした方がいいのかを考えましょう。

病気・ケガが原因で長期間仕事ができない場合、会社員であれば健康保険から傷病手当を受けることができますから、そこによっても準備しなければならない金額は変わってくるはず。

また自営業であれば傷病手当はありませんから、会社員よりは設定する額を多く見なければならない可能性が高くなります。

自分のケースではどのくらいかを想定して検討することが必要です!

まとめ:総合判断が不可欠

今回は特約での、病気で仕事ができなくなった場合の収入の補てんについてご紹介しました。

個人的なポイントは今ご紹介した通り4点あり、内容も様々ありますので、自分にとってどれがいいのか?どれを優先すべきなのか?というのをしっかり確認していただければと思います。

ただ、実際自分で考えるのも判断材料が少ない場合は悩むところも多いもの。特に、傷病手当を加味して…等、商品以外の事も関係してくるところはなおさらです。

一人では判断が難しいときは・・・

もし、わからないことが出てきたときには検討の手段として保険のプロに相談してみるのも一つの手。客観的な視点からのアドバイスは、もしかしたら一人では見えてこなかったところに気づかせてくれるかもしれません。

結果、医療保険に十分に加入している方だったら医療保険の給付金で十分、収入保障保険に特約は不要、なんていうアドバイスになる可能性もあったりして・・・

なんにしても毎月お金を支払う保険ですから、納得のいく保険選びができるように色んな方法を取り入れていただければと思います!

★保険無料相談はこちらから確認できます
★ネオファースト生命『ネオdeしゅうほ』の特約はこちらから確認できます

関連記事

  1. 収入?所得?間違えやすい2つを比較。

カテゴリー

高額になりがちながん治療費や、通院・療養中の収入減に備える

一生涯の死亡保障や、老後の資金・教育費、使い道いろいろ!

心配な病気やまさかのケガにムリなく備えられる保障があります

↑比較検討をご希望の方におすすめ↑

↑資料請求したい方はこちらから↑

就業不能ポータルサイトバナー

↑資料請求したい方はこちらから↑

↑新規契約も見直し相談もまずはこちらから↑

↑学資保険を検討したい方はこちらから↑

↑外貨建て保険を検討中の方はこちら↑

↑法人保険を検討中の方はこちら↑

↑住宅ローンの見直しを検討中の方はこちら↑

↑自動車保険の更新をお考えの方はこちら↑