ネオファースト生命|ネオdeしゅうほ

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」商品概要


対面募集のみの取扱いの、ネオファースト生命の『ネオdeしゅうほ』。ネオファースト生命は「もしも」の時に役立つ…という保険本来の役割はそのままに、もしもの時以外でもお客様を支えられるように、健康の維持・増進を支援するサービスに力を入れています。付帯サービスの中には子育て世代に向けた健康・育児・食・生活に関するWEBでの情報提供等もあり、お子さんの誕生をきっかけに収入保障保険を検討している方には、保障が準備できる以外にも嬉しい内容です。

【商品概要】

契約者 満20歳~満70歳
保険期間 40歳満期~80歳満期
※保険期間は最低10年以上、1歳刻みで設定可能
※設定できる保険期間はご契約のタイプによっても異なる
払込期間 保険期間と同じ
設定金額 最低5万円から1万円単位で設定可能
※設定できる年金月額はご契約のタイプによっても異なる
年金支払
保証期間
2年間、5年間
受取方法 3種類
①毎月受け取る
②一括で受け取る
③毎月受け取りと一括受取を組み合わせる
※一部一括受取はその後の年金月額が5万円以下にならない範囲で複数回受取可能
特約
特則
2種類
①特定疾病収入保障特則
②特定疾病保険料払込免除特約
健康状態の
割引
【割引特約の適用基準】
①BMI:18以上27未満
②血圧:最高血圧値140mmHg未満、最低血圧値90mmHg未満
※契約年齢50歳以上は最高血圧値150mmHg未満、最低血圧値100mmHg未満
③血液中GOT値:30U/L以下
※GOT値は契約年齢40歳以上のみ
【喫煙歴】
1年以内の喫煙の有無
保険料例 ■非喫煙者健康体保険料率
(月払)4,800円
■標準体保険料率
(月払)7,551円
※30歳男性/保険期間・保険料払込期間:60歳まで/年金支払保証期間:2年/年金月額20万/特定疾病保険料免除特約付加
特徴

●充実した三大疾病への備え
【特定疾病収入保障特則】
三大疾病で約款所定の状態になった場合、特定疾病収入保障年金が受け取れる
【特定疾病保険料払込免除特約】
三大疾病で約款所定の状態になった場合、以後の保険料の払い込みが不要になる
※三大疾病:所定のがん、急性心筋梗塞、脳卒中
●所定の基準を満たした場合、健康体割引特約を付加でき、保険料が割り引きになる
健康状態や喫煙状況によって3段階の保険料帯の用意がある
※割引率はご契約のタイプ、契約年齢によって異なる
●年金の受取方法を状況に応じて選択できる
毎月の受取、一括受取、一部一括(複数回可能)+毎月の受取の3パターン
※一部一括受取に関してはその後の年金月額が減額されるため、減額後の年金月額が5万円を下回らない範囲まで、と制限がある

おすすめポイント

1.三大疾病で所定の状態になった際、払込免除となる特約だけでなく、設定していた年金月額と同額が残りの保険期間中受け取れる特約も付けられる
2.受取方法が柔軟であり、一部一括受取を複数回行うことができ使い方の自由度が高い
3.喫煙者でも健康体割引の健康基準を満たせば、保険料が割り引きになる

留意点

1.高度障害状態に該当した場合の保障はありません
2.リビング・ニーズ特約がないので余命宣告を受けた場合の保障はありません

内容について

保険料を抑えるためには是非チェックしたい健康体割引特約ですが、おすすめポイントで上げたように喫煙者にとっては少しうれしい基準を設けているのが『ネオdeしゅうほ』です。

喫煙状態の問いが2番目になっているので、喫煙者であってもBMIや血圧、年齢によってはGOT値が健康体の基準を満たしていれば割り引きされた保険料(喫煙者健康体保険料率)で加入できる可能性があります。喫煙者であれば、他と保険料を比較検討してみるのもいいかもしれません。

またこの保険の特徴といえるのが、特定疾病で所定の状態になった時には保険期間中設定していた年金が毎月受け取れる、特定疾病収入保障特則。

収入保障保険では万が一の時以外で年金が受け取れるオプションを付けられることは珍しく、特にこの特定疾病収入保障特則の場合は支払事由に該当すれば、残りの保険期間中設定した年金月額が毎月受け取れ、亡くなった場合と同じように保障を受けることができます。

加えて、特定疾病収入保障特則と同じ条件で保険料の払込が不要になる特定疾病保険料払込免除特約もありますが、その条件である“所定の状態”も他の保険と比較するときの大事なポイントです。

がん 生まれて初めて所定のがん(約款に定める悪性新生物(がん))と医師により診断確定されたとき
※以下は対象となりません
①上皮内がん(非浸潤がん・大腸の粘膜内がんを含む)など
②責任開始日からその日を含めて90日以内に診断確定されたとき
急性
心筋
梗塞
初診日からその日を含めて30日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。

または治療を直接の目的として、病院または診療所において所定の手術を受けられたとき

脳卒中 初診日からその日を含めて30日以上、言語障害、運動失調などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。

または治療を直接の目的として、病院または診療所において所定の手術を受けられたとき

勿論特約を付けるとなれば、その分保険料が上乗せでかかる為、付加する際には本当に必要なのか、他に入っている保険との兼ね合いを見ることが必要ですが、選択肢が広がるという意味では検討の価値あり、ではないかと思います。

申し込み時には直接営業担当と会って手続きをする商品になりますので、検討の段階で一度担当者と面談を行って、実際自分にはどの程度の保障が必要なのか?オプションはつけるべきなのか?という所から、是非相談を行って検討材料にしていただければと思います。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の資料請求はこちらからできます
保険無料相談はこちらから確認できます

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。
・保険商品の詳細につきましては、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、及び「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
・本資料でご案内している保険料は、2017年3月1日現在で適用されているものです。

(登)B16N4083(2017.3.27)②

 

カテゴリー

高額になりがちながん治療費や、通院・療養中の収入減に備える

一生涯の死亡保障や、老後の資金・教育費、使い道いろいろ!

心配な病気やまさかのケガにムリなく備えられる保障があります

↑比較検討をご希望の方におすすめ↑

↑資料請求したい方はこちらから↑

就業不能ポータルサイトバナー

↑資料請求したい方はこちらから↑

↑新規契約も見直し相談もまずはこちらから↑

↑学資保険を検討したい方はこちらから↑

↑外貨建て保険を検討中の方はこちら↑

↑法人保険を検討中の方はこちら↑

↑住宅ローンの見直しを検討中の方はこちら↑

↑自動車保険の更新をお考えの方はこちら↑